商業・法人登記

増資

デットエクイティスワップとは

デットエクイティスワップ(Debt Equity Swap、DES)とは、負債と資本との交換(債務の株式化)であり、財務改善手法の一つとして、また事業承継手法の一つとして使用されています。会社法の施行により、現物出資方式のDESの手続の簡素化が図られ利用しやすくなりました。

DESのメリット

DESのメリットは下記のとおりです。

自己資本比率があがる
負債が資本になるため、自己資本比率があがり財務体質が改善されます。
利息の負担がなくなる
借入金が株式となるため、有利子負債が減少し、利息の支払が軽減されます。但し、配当負担が増加します。
対外的な信用力が増す
資本金の額が増加するため対外的な信用があがります。
相続税対策になる代表取締役からの借入金は、多くの場合、返ってこない場合が多いでしょう。つまり、実質資本と同氏できます。しかし、資本ではなく、借入金である限り、代表取締役に相続が発生した場合、相続財産となり、相続人は実際には、返済を受けることができない貸付金のために多額の相続税を支払うことになかねません。そこで、DESを使い、会社に対する貸付金を株式に転換することで、より有利な(低い)評価をし、相続税対策をすることができます。

DESの具体例

負債を資本に交換することができれば貸借対照表上の財務体質が改善します。これを可能にするのがDESです。

具体例

  1.  銀行の貸付先の会社がが債務超過になった場合、銀行の行う救済策としては債権放棄が考えられます。しかし、債権放棄をすると、債権額の分だけの銀行の資産が減少します。そこで、DESという手法が用いられます。銀行が会社に対してもっている貸付債権を、会社に現物出資し、会社は銀行に株式を発行します。つまり、債権がなくなる代わりに会社の株式が手に入るため、銀行の資産は減少しません。また、その会社が再生が成功すればメリットが配当を受けるなどのメリットがあります。
  2.  中小企業の場合、社長個人が自社に金銭の貸付けしていることよくあります。この場合、社長個人に相続が発生すると、会社に対する貸付金は回収可能性を考慮されることなく、又、その会社が債務超過であろうと、その金額が相続税の課税対象となります。しかし、この貸付金は、役員報酬や会社から受取るべき家賃地代の未収がたまり多額の貸付金になってしまったものであることが多いでしょう。実質的に回収不能であれば、それは名目上の貸付金に過ぎず、実質は資本金のようなものです。そこで、相続税対策として、また、財務体質の改善策としてDESを使います。

ご相談は、夜間、土日祝も承っております。
お気軽にご予約ください。

会社設立のご相談予約電話番号

0120-509-629

繋がりにくい場合は、06-6618-9377まで

電話でのご予約受付時間平日 9:00〜18:00

※上記受付時間外はメール
お問い合わせフォームにてご予約ください。

ご相談・お問い合せフォーム

※1: 登記、借金に関する御相談は「初回相談料無料」。
 その他のご相談については、1時間5400円(ご依頼頂いた場合は、相談料は着手金に充当します)
※ご相談内容によってはお受けできない場合もございます。